一井で働くことの意義

故きを温ねて新しきを知れる一井の環境

一井で大切にされている「温故知新」の精神

「一井で大切にされている「温故知新」の精神」

観光名所である"湯畑"の目の前に位置する「ホテル一井」は、草津で300余年の歴史がある老舗旅館です。一井で働くこととは、数世紀を越えて先人たちが守ってきた伝統を継承しつつ、21世紀の新たな温泉旅館のカタチを作り上げていくこと――つまり、「故きを温ねて新しきを知る」という「温故知新」の精神を体現しているともいえます。

『日本有数の温泉地である草津』『由緒ある老舗旅館・一井』と働き手にとって活躍の舞台は整っています。恵まれた基盤があるだけに、一人ひとりのスタッフがどう付加価値をもたらすことができるかに"一井の未来"がかかっているといっても過言ではありません。今日も一井のスタッフたちは、「温故知新」の精神を胸に未来を創造し続けます。

重視される"一井らしさ"とは

「故きを温ねて新しきを知る」ことを大切にしている一井では、時代のニーズを受け入れ、柔軟に変化に対応することができる人材を高く評価しています。将来への貪欲な姿勢こそが"一井らしさ"であり、伝統を守り引き継ぐことと同様に大切にしている精神です。こちらでは、そんな"一井らしさ"を「人物像」「カラー」「価値観」「想い」の4つのポイントに分けてご紹介します。

一井の人物像に迫る「一井人」とは?

「変化を恐れない、改革の中心を担う人物」

一井では、21世紀の観光業界を背負って立つような推進力を持ったメンバーを求めています。300年以上の歴史を誇る一井でも、時代のニーズに合わせて変わり続けることができなければやがて衰退してしまうでしょう。一井をより高みへ押し上げたいという野心を持ち、常に改革の中心になれるような人物こそが「一井人」だと考えています。

一井のカラーに迫る「一井色」とは?

「平均年齢30歳の若さと活気に溢れる雰囲気」

  • 一井の職場環境について写真を中心にご紹介します
  • 一井の職場環境について写真を中心にご紹介します
  • 一井の職場環境について写真を中心にご紹介します
  • 一井の職場環境について写真を中心にご紹介します

一井は平均年齢30歳、20代の比率が70%と若いメンバーの活躍が目立つ職場です。老舗旅館でありながら若手が活躍できる土壌が整っており、常に下からの突き上げを期待しています。現状を変えていける力を持ったスタッフには役割を与え、活躍に応じてどんどん役職を上げていくことが「一井色」。つまり一井のカラーです。

一井の考え方に迫る「一井観」とは?

「何事もまずはやってみるというチャレンジ精神」

一井の考え方に迫る

一井では、何事にもチャレンジする精神を高く評価しています。何事もやってみなければ結果はわかりません。何もやらずに黙り込んでいるくらいなら、結果として失敗したとしても挑戦した方が価値があると考えています。若手社員の日々の小さなチャレンジが今日の一井を形成しており、そうした挑戦の歴史が「一井観」を作り上げてきたのです。

一井で働く人の想いに迫る「一井愛」とは?

「"草津温泉のシンボル"である一井への誇り」

草津温泉のシンボル

一井の湯畑の目の前の立地にある草津温泉のシンボルともいえる旅館であり、草津の地で大きな影響力を持っています。そのため、一井を盛り上げるということは、同時に草津全体に活気をもたらすことにつながります。地域創生が地方活性化のキーワードとなっている時代において、自身が暮らす地を愛し、働いている環境に感謝することは重要なことです。草津という土地柄を愛し、さらに草津温泉のシンボルである一井を誇りに思うことこそが「一井愛」であると考えています。

歴史と伝統ある老舗旅館に、キミだけの+αをもたらそう(仮)